早期退職の制度の利用

会社では早期退職者を募集することもあります。

一般的には正規雇用の社員は定年まで働いて退職金をもらって退職をするのですが、この制度は定年を待たずにして退職をすることができます。

早くに退職をすればそれだけ退職金も少なくなるのですがこの制度を募集している場合には通常よりも退職金がよくなることも多いのです。

例えば5年分の年収に相当する額の退職金がもらえる場合もあります。

これにより少し早くにリタイヤをしてセカンドライフを過ごすこともできるのです。

また他に別の仕事をしたい場合には退職金を使って会社をつくることも可能になります。

ただ、まだ若い場合には早期に退職をしてもあまり退職金が出ない場合もあるのでこれを利用してやめるときにはよく考える必要があるのです。

そしてまだ会社にいたい場合でもこのまま会社にいて将来性があるのかどうかなどもよく考えてとどまる必要があります。

会社が人員を減らそうと考えている時期ですので何も考えずに結論を出してはいけません。